スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス四銃士にちなんで


フランス四銃士にちなんで

20S馬主会内イベント「三○木○」に参加した繁殖牝馬テイエムオーシャン、カワカミプリンセス(梅毒氏からのレンタル)、アマイロノカミ(ブルースカイ氏からのレンタル)の3頭に20世紀最強の1頭とも言われるリボー(Ribot,1952-1972,16戦16勝,凱旋門賞連覇)を種付けしました。実はメジロドーベル(強化版)にもリボーをつかったので、リボー産駒が4頭となりました。産駒の名前については、知る人ぞ知る「フランス四銃士(Les Quatre Mousquetaires)」からいただきました。テニスでの国別対抗戦デビスカップでフランスが6連覇(1927-1932)した全盛期であった1920年代から1930年代前半にかけて活躍したフランスの4人の男子テニス選手を合わせた呼び名です。「四銃士」とは、アレクサンドル・デュマ・ペールの有名な小説『三銃士』(Les Trois Mousquetaires)にちなんでつけられたものである。特にラコステについては、みなさんもワニのマークで既にご存知かと思います。実際の「四銃士」のように活躍してほしいものです。

ジャック・ブルニョン(Jacques Brugnon,1895年 - 1978年)※イベント馬
アンリ・コシェ(Henri Cochet,1901年 - 1987年)※イベント馬
ルネ・ラコステ(Rene Lacoste,1904年 - 1996年)※イベント馬
ジャン・ボロトラ(Jean Borotra,1898-1994)
スポンサーサイト

ケセラ馬主会シャッフルイベント


もう3回目くらいでしょうか。うちの馬主会では、参加希望者がそれぞれの厩舎で生産した2歳馬を出し合って、シャッフル!それを育てるというイベントをやってます。ルールとして、シャッフル対象馬は、父か母のいずれかが自家生産馬であること。馬の能力は厳密なレベル設定が難しいのでそれぞれの良心に任せられています。結構、ハイレベルな馬がシャッフルされており、大変面白いイベントとなっています。もちろん馬主会を盛り上げるイベントですが、血の固定化を防ぐという狙いもあったりします。どうしても、自分の厩舎の生産馬は、それぞれの好みで血に偏りが出てきてしまう。それをこのイベントで少しは解消できればいいなと思って自分は参加してます。
自分的には、今度繁殖牝馬もシャッフルとまでいかなくても、1シーズンレンタルという形で血を交流させていきたいと思ってます。すでに来シーズンの2頭のレンタルが決まっています。馬主会内でもう一頭レンタルを募集しています。もし興味のある方は連絡ください。馬主会内で希望がない場合にご連絡いたします。ちなみに対象牝馬は「シルクアンドスカー」号です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。