スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス四銃士にちなんで


フランス四銃士にちなんで

20S馬主会内イベント「三○木○」に参加した繁殖牝馬テイエムオーシャン、カワカミプリンセス(梅毒氏からのレンタル)、アマイロノカミ(ブルースカイ氏からのレンタル)の3頭に20世紀最強の1頭とも言われるリボー(Ribot,1952-1972,16戦16勝,凱旋門賞連覇)を種付けしました。実はメジロドーベル(強化版)にもリボーをつかったので、リボー産駒が4頭となりました。産駒の名前については、知る人ぞ知る「フランス四銃士(Les Quatre Mousquetaires)」からいただきました。テニスでの国別対抗戦デビスカップでフランスが6連覇(1927-1932)した全盛期であった1920年代から1930年代前半にかけて活躍したフランスの4人の男子テニス選手を合わせた呼び名です。「四銃士」とは、アレクサンドル・デュマ・ペールの有名な小説『三銃士』(Les Trois Mousquetaires)にちなんでつけられたものである。特にラコステについては、みなさんもワニのマークで既にご存知かと思います。実際の「四銃士」のように活躍してほしいものです。

ジャック・ブルニョン(Jacques Brugnon,1895年 - 1978年)※イベント馬
アンリ・コシェ(Henri Cochet,1901年 - 1987年)※イベント馬
ルネ・ラコステ(Rene Lacoste,1904年 - 1996年)※イベント馬
ジャン・ボロトラ(Jean Borotra,1898-1994)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。