スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加速する過疎化~ドミンゴ的見解~


健康さんのプログを見て考えさせられました。
以前は馬券購入によりかなり潤沢な資金を得ることができ、その分生産にお金を掛けることが出来ました。また、カードについては、フリレでゲットするため、積極的にフリレに参加したように思います。脚質や適性距離を測定するためにもフリレを活用していましたよね。

現在では、馬券購入により収入はあるものの、以前ほど生産等にお金を掛けることができなくなったと思います。特にレベルのまだ低い方には、資金源がなく、結局のところ「チャージ」による資金増加ということになるのでしょうか。おろらくはそれがGクレさんの狙いかも知れません。カード伝説でもお金を使ってもらうことで、「チャージ」の機会を増やしたい。

でも、レベルの低い方々が、なかなかすぐにレベルを上げることができなくなってきた(レースで勝つことが難しくなってきた)現在、わざわざチャージまでして資金を得るでしょうか?答えはNOでしょう。おそらくゲーム課金をやめるでしょう。そうなるとジリジリ参加者は減少していく。ネットワークゲームは、参加者が多ければ多いほど楽しいものです。確かに企業側の利益の確保が最優先されることもあるでしょうが、基本の部分を否定してしまうようなやり方は、賢明とは言えません。

そこで、私なりに変更したほうが良い点を挙げてみました。
--------------------------------------------------------------
1.カード伝説の廃止
  →確かに面白いのですが、あまりに資金繰りを悪化させる。
   本来フリレの賞品でゲットしていて問題はあまりなかったはず。
   フリレの賞品ランダム化で十分対処できている。

2.馬券の倍率調整
  →馬券による収入は生命線だと思います。リアルに近づけたことは一定の評価はできるものの、ゲームバランスから考えて、倍率を調整し、ある程度確実な収入源を作っておくことがベストな選択かと思います。

3.フリレにおけるタイム調整
  →ログイン時間と人数を増やすためにも、フリレでのタイムのばらつきはいっそのことなくしてもよいかなと考えなおしました。要はレース本番で紛れがあるんだから、もうそれだけでいいかなって。フリレはこのゲームの重要なファクターだと思います。その部分で参加者を減少させるような方向に持っていくのは、このゲームの死を意味すると思っています。
----------------------------------------------------------------
リアル競馬に近づけることにはじめは賛成でしたが、最近ゲームとしてあるべき姿もあるのではと考え始めました。チャットなどで会話することなどが楽しかったこのゲームで、ログイン時間を減らしたり、参加者自体を減らすようなアップを繰り返すことは、ゲーム自体の存在意義がなくなると思います。それだったら既存のウイニングポストやダービースタリオンで十分なのですから。



スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。