スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Capeside Lady故郷に帰る? 


某大物馬主さんと繁殖牝馬のレンタル交換をしていましたが、種付けを待たずして引退されるとのこと。ケープサイドレディは戻ってまいりました。とは申せ、初仔のシレーヌドロワーズがかなり走りそうなので、実のところは来Sも種付けを自分でしたかったんです。お借りした肌馬もいい馬だったので残念ですが、それは仕方ないことですからね。シレーヌの父はバックパサー。ブルーメドサイヤーとしては牝系形成に欠かせない馬であると思っています。このシレーヌも繁殖に期待です。ダリアは入っているもののミスタープロスペクターの血は消えています。ボールドルーラー系やミスタープロスペクター系とのニックスに期待です。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。